トラックドライバー.com

トラックドライバーと運送経営者様のお役に立つようなサイト

トラックドライバーの業務とは?

更新日:

トラックドライバーの業務内容

荷主様から依頼を受けた荷物を、配送依頼に応じて指定の場所に届ける業務です。
通常の会社と違って、荷物を届ける際には1人で作業をすることが多く、人間関係のストレスもなく、体を動かすことから体力も付き、非常にやりがいのある仕事と言えます。
また、トラック業務というと、一般的な運送会社のイメージがありますが、倉庫会社、解体会社、産業廃棄物処理業者、ゴミ収集車、土木建築、電気や水道のインフラ、企業の運送部門など、その業種は多岐に渡ります。そしてこのサイトでは、一般的な運送会社に絞ってお話を進めていきますが、他の業種についても、触れていこうと思います。

トラックドライバーの働き方とは?

一般的に、トラック運送業で働く場合次の3つの職種に大きく別れていきます。

1、長距離大型ドライバーの仕事

長距離大型ドライバーは、基本的に東京から大阪、大阪から九州、さらには九州から宮城までといった、長距離を走るドライバーです。
トラックドライバーの花形とも言える職業であり、一番稼げる仕事です。
基本的に10t車や、トレーラーなど大型車両が多いです。
また、業務内容としては、会社で点呼をとあった後、指定の積荷で、指定の場所まで
全国に配送します。
当然、長距離輸送のため、一度出発すると、数日は一人で運転することになります。
給与の形態も出来高報酬や固定給など様々で、会社によって待遇も全く違います。
上手くいけば、20歳代で年収700万くらいも可能です。

過酷?それとも楽?長距離ドライバーの仕事

管理人
管理人のアドバイス(未経験者の方)
※20歳代でなれれば、35歳くらいまでは給与も高いのでモテます。 その後は経験をいかして会社の幹部候補や管理者になる感じです。
※30歳代~40歳代では、まだ人生逆転は可能です。
※50歳代では、長距離ドライバーになろうという方はあまりいません。 たまに、すごい才能で開花する人もいます。

2、近距離・中距離ドライバーの仕事

近距離・中距離ドライバーは、基本的に、都内や県内など主に
1日で回れる範囲を走るドライバーです。
基本的に、2t、4t車などの車両が多いです、例外としては港湾倉庫で見かけるトレーラー
など、コンテナを積んだ10t超の車両も該当します。
業務内容としては、指定の荷揚げ場所から、主要都市にある集配倉庫や、
直接店舗などに配送をします。

意外と簡単!?近距離・中距離ドライバーの仕事

管理人
管理人のアドバイス(未経験者の方)
※トラックドライバーになりたい方は、お勧めです。年齢も20歳代~60歳代と 非常に幅広く、将来大型ドライバーになりたい人のステップアップにもなります。 また、仕事も日帰りできる距離にあるため、家族がいる方は負担にもなりにくいです。

3、宅配ドライバーの仕事

主に決まった業務エリアで配送します。宅配ドライバーといっても、
毎日決まった営業先を回るルート配送や、個人宅に荷物を届ける、佐川急便さんや
ヤマト運輸さんなど働き方は様々です。特に近年アマゾンの大躍進により影響を最も
受けた業界の一つでもあります。
給与の幅も、固定給や出来高報酬などで大きく違ってきます。

やっている人は皆パワフル!宅配ドライバーの仕事

管理人
管理人のアドバイス(未経験者の方)
※上で名前をだしているので、詳しくは書けませんが、業界全体が運賃値上げをしており 非常に働き安い環境ができる可能性があります。また、経験者の意見として 頑張りしだいではすごく稼ぐこともできます。

このように、簡単ではありますが、トラック業務といってもいろんな働き方があります。

トラックドライバーの仕事のまとめ

-トラックドライバーの仕事

Copyright© トラックドライバー.com , 2019 AllRights Reserved.