トラックドライバー.com

トラックドライバーと運送経営者様のお役に立つようなサイト

バッテリーの点検 トラック

更新日:

バッテリ―液について

バッテリーの中の液体は、蒸留水と硫酸を混ぜわさせた希硫酸と呼ばれるものでできています。そして、このバッテリー液は車の走行中などの過充電時に、水素ガスと酸素ガスに分解されてしまいます。また、自然蒸発でも液が減っていきます。このようにわずかながら、バッテリーの液は減っていくため適切な時期に補充が必要です。

管理人
※注意!バッテリーの中の液体は、触ると手がボロボロになるので、できるだけ触らないようにしてください。 私は手を入れて液を確認するように教わりましたが、それは間違いでした。

バッテリーの点検方法

バッテリー液量の確認

次にバッテリーの点検方法を見ていきます。まず、バッテリー液が適切な位置にあるかどうを確認するためトラックを揺らすなどして(大型はきついですね・・・)容器のLOWER LEVELとUPPER LEVELの間に液面があるかを確認します。見えにくい場合、ペンライトなどを当てて液が入っているかを確認します。それでもわからない場合、キャップを開け割り箸などを入れてみる方法があります。

バッテリー液の補充

バッテリ―液量が適当でなかった場合、液(蒸留水)を補充します。
すべてのキャップを外し(固い場合マイナスドライバー、ない場合硬貨などを使います)、すべてがUPPER LEVELになるまで補充していきます。この際にトラックだと蒸留水を入れにくい場合があります。その時は、入れやすい容器に予め蒸留水を入れておくといいです。

管理人
※蒸留水?水ならなんでもいいじゃない?と思っていた時期がありました。すぐにバッテリーが寿命を迎えます。

-トラックドライバーの日常点検

Copyright© トラックドライバー.com , 2019 AllRights Reserved.