トラックドライバー.com

トラックドライバーと運送経営者様のお役に立つようなサイト

事故に備えよう!!絶対必須のアイテム

更新日:

トラックドライバーは車を運転する職業であるため、常に事故と隣合わせといっても過言ではありません。今回は、実際に事故が発性した時に、備えておいた方がいいアイテムを紹介していきます。義務化されているものもあります。

①三角停止表示板(三角表示板)

故障や事故が起きたときに、後方車両に異常を知らせる物で、停止車両の後方に設置します。

一般道路において使用の義務はありませんが、高速道路においては、故障車両表示義務違反となり、違反点数1点、罰則金数千円をとられるます。

管理人
※管理人としては、三角表示板を使用することの意味は、違反よりも保険料率の割合に影響を及ぼすことに重きをおいております。トラックや高級乗用車の場合、後方車両に追突されたりした場合に、保険の事故割合が三角表示板をしている時としていない時で、全然違う結果になったりします。(事故割合8:2から7:3へ)

②発炎筒

発炎筒は、緊急時に使用される筒状のアイテムですが、三角停止表示板と同じように、後方車両や周りの第三者に異常を伝えるために使用します。基本的に発炎筒は、乗用車やトラックに必ず備えて置かなければならないものとして義務化されており、車検を受ける際にも必要な装備です。

発炎筒は、従来のタイプのものと、LEDタイプの物がありますが、それぞれメリットデメリットが存在します。従来のタイプは、値段が安く視認性に優れていますが、1回だけの使用で期限があるなどのデメリットがあります。またLEDタイプの物は、何回も使用できますが、値段が割高で昼間の視認性が悪いなどのデメリットがあります。

③ドライブレコーダー

ドライブレコーダーは、交通事故において現在においては必須のアイテムです。事故が起きた瞬間の映像や音声を自動で記録するため、事故が起きた際、第三者の目撃情報がなかった場合や相手当事者との意見の食い違いなどが発生した場合などに非常に有力な証拠になります。

また私は経験がないし、周りで聞いたことはないですが、警察の誤認逮捕などの証拠にも使えます。現在トラックやバス、タクシーなどの運送業界において、ドライブレコーダーを装着していない会社はほとんどいないといっても過言ではありません。

もし自分の会社がドライブレコーダーを装着していない場合は、ぜひ取り付けを促すように言って、自分も会社も守るようにしてください。

管理人
※現在は、乗用車もドライブレコーダーをつける時代です。管理人も乗用車に取り付けをしています。 ただし、ドライブレコーダーも万全ではありません。会社のドライバーで駐車中に当て逃げをされた ドライバーがいましたが、相手車両のナンバーが下4桁しか写っておらず(映像が粗いため) 警察に相談した所、この画像だと逮捕できないと言われました(実際泣き寝入りになりました)このように、完璧な証拠として成立しない場合もあります。しかしながらドライブレコーダーを備えることで、事故の8割は、正式な判断ができるようになります。

このように、事故が起きた際に必須のアイテムが存在します。特にトラックドライバーは、備えがきちんと
されているか必ずチェックした方がいいです。逆にこういった備えができていない会社は、自分の身を守る
こともできません。命に関わる場合もあるのでぜひ確認をしてほしいです。

管理人
※管理人としは、事故はいつも突然起きますが、高速道路か一般道路かで、焦り方が変わって来ます。 高速道路の場合、必ず「自分の安全は、確保できていますか?」から始まります。それから発炎筒を使い危険が無い場合、三角表示板を使用します。高速道路はやり方を間違えると命を落としかねません。こういったアイテムは、常に頭に意識するようにしましょう。

-プロドライバーお勧めアイテム

Copyright© トラックドライバー.com , 2019 AllRights Reserved.